中華料理の食のトレンドを知ろう

日本人は、多様な文化を受け入れるのが非常に得意な民族で、その文化や技術をただ採り入れるだけではなく、さらにそうした技術を飛躍させ発展させるのが得意とされています。これは長い歴史でも証明されているもので、これらが日本固有の文化を作り出してきた、大きな要因にもなっているのです。食文化の世界も同様の事が言え、中華そばが原型のラーメンは、その典型とも言えるものでしょう。また日本人の好みの問題もあり、水餃子が一般的なものであるのに対して、日本では焼き餃子が主流であり、水餃子はようやく最近食べるようになってきたほどです。日本人の食生活において、中華料理は既に定着したものとして受けいれられています。麻婆豆腐や八宝菜を始め、天津丼やホイコーローにチンジャオロース、エビチリに焼売やふかひれスープに肉まんも非常にバラエティーの富んだ、日本人には一般的な中華料理と言えるでしょう。中華料理のトレンドの特徴は、カジュアル化が進んでいるという感じでしょう。